一昨年は日本でも「タピる?」で話題の台湾発祥のタピオカミルクティー、
去年から徐々に熱が下がった(コロナ肺炎の影響も・・・)ように感じましたが、
でも、タピオカミルクティーショップはまだ絶滅しません

確かに、雨後の竹の子的に増えたお店はほぼ絶滅的な状況ですが、
大手「春水堂さん(チュンスイタン)」「貢茶(Gong cha・ゴンチャ)さん」
「一芳さん(イーファン )」「鹿角巷(HE ALLEY LUJIAOXIANG)さん」「パールレディさん」などはまだまだ健在です。

営業品目もお茶系(ドリンク)のみではなく、
台湾のパイナップルケーキなどの台湾菓子・台湾の食べ物などを併売している。

きっと、タピオカミルクティーは日本です市民権を獲得することは間違いないでしょう。

おすすめの記事